イトウ先生のTipsnote Premiere Pro CC 2019 の新機能:ガイド

イマジカデジタルスケープ 短期集中クリエイティブ講座

イマジカデジタルスケープ・AfterEffects・Photoshop・HTML・CSS・JavaScript・1日トレーニング

Web・動画・映像・ゲーム・DTP・CG・Adobe Creative Cloud・キャリア・就活に

 
 
1 緊急事態宣言発令に伴うトレーニングの開催延期について
 

お客様index

企業・自治体のお客様に 業務効率化、コスト削減に

クリ博登録者・学生の方に 割引トレーニングはコチラ


イトウ先生のTipsnote

イトウ先生のTipsnote Secondbook


イトウ先生のTipsnote:目次

【 Premiere Pro CC 2019の新機能:ガイド 】

こんにちは、イマジカデジタルスケープの伊藤和博です。
今回は、Premiere Pro CC 2019、4月アップデートから新機能で「ガイド」をご紹介します。

ガイドという機能そのものはIllustratorやPhotoshopではおなじみではありますが、Premiere Pro CC 2019でもガイドの機能が搭載され、テキストやグラフィック、PinPで入れたビデオクリップやマットなどの画像を、ガイドに沿わせることが可能になりました。この機能によって、画面内での特定の位置を指定しやすくなり、ロゴ、テロップ、グラフィック要素の配置に一貫性を持たせることが可能になりました。
さらにこのガイドはテンプレートとして保存、またガイドファイルとして書き出し、別のプロジェクトで再利用したり、AfterEffectsにも持っていくことが可能になりましたので、その辺りをご紹介したいと思います。

さっそくやってみよう!

まずは、起動するとすぐ確認できますが、グラフィックメニューの隣に、表示メニューが新設されています。

Prcc19_gu001

表示メニュー > ガイドを表示、を選択すると、プログラムモニターのセーフマージン上に、自動でガイドが作成されます。なお、このガイドの機能は、プログラムモニター上に表示することが可能な機能で、ソースモニター上には表示されません。

Prcc19_gu004

表示メニュー > プログラムモニターをスナップインを選択すると、様々なクリップが、ガイド及びプログラムモニター上の水平垂直の中心線および画面の境界線にスナップするようになります。スナップしたかどうかは、破線が表示されるかどうかによって確認することが可能です。

Prcc19_gu007

任意の箇所にガイドを追加する場合は、表示メニュー > 定規を表示、を選択し、定規を表示した後、定規からドラッグします。

Prcc19_gu009

一度引いたガイドを、画面上で正確な位置に合わせるには、ガイドの上で右クリックし、ガイドを編集から、目的の位置に合わせます。ガイドの位置は、画面境界を基準に、水平垂直それぞれ上からまたは下から、右からまたは左から、何ピクセル(または何パーセント)の箇所、という設定が可能ですので、例えば水平ガイドを上下152pxなど中途半端な位置にガイドを引く際に、1080-152=928・・と、いちいち計算してガイドを設定する必要はありません。

Prcc19_gu019

なお、位置を指定してガイドを引く場合は、表示メニュー > ガイドを追加、または定規の上で右クリックし、ガイドを追加、からでも、最初から位置を指定して引くことが可能です。

Prcc19_gu012

ガイドを削除する場合ですが、1本づつ削除する場合は、水平ガイドの場合は上の、垂直ガイドの場合は左の定規にガイドをドラッグで重ねて削除します。Delete【delete】キーによる削除、またPhotoshopのようにどちらの定規に重ねても削除、はできません。 すべてのガイドを一括で削除する場合は、表示メニュー > ガイドを消去を選択します。セーフマージン上のガイドも含み、すべてのガイドが消去されます。

Prcc19_gu018

なお、セーフマージンの上にガイドを作成する場合(最初に表示メニュー > ガイドを表示、を選択してガイドが表示された状態にする)には、表示メニュー > ガイドのテンプレート > セーフマージン、を選択します。

Prcc19_gu021


また、ガイドはcommand【Ctrl】+Zによるやり直し(ガイドの引き直し)ができないため、一旦ガイドを引いた後は、指定の箇所に合わせるか、削除するかの二択になります。

他のプロジェクトや、AfterEffectsと共有する

Premiere Proで作成したガイドは、ガイドテンプレートとして保存し、他のPremiere Proのプロジェクトで活用したり、またガイドファイルとして書き出し、AfterEffectsでも使用することが可能です。同様に、AfterEffectsで作成したガイドをPremiere Proに取り込んで使用することも可能です。
AfterEffectsで使用するには、一度ガイドテンプレートを保存した後、ガイドファイルとして書き出す、という方法をとりますが、まずはテンプレートとして保存します。表示メニュー > ガイドのテンプレート > ガイドをテンプレートとして保存、を選択すると、次からはメニューとして選択可能になります。

Prcc19_gu029

ガイドファイルとして書き出し、AfterEffectsで使用するには、このテンプレートとして一度保存済みの状態から、表示メニュー > ガイドのテンプレート > ガイドを管理、を選択し、ガイドファイルとして書き出します。

Prcc19_gu032

AfterEffectsでこのガイドファイルを読み込む場合、そもそもこのガイドファイルを読み込めるAfterEffectsはCC 2019から、となりますが、AfterEffectsを起動し、コンポジションを作成した後、ビューメニュー > ガイドの読み込み、を選択します。

Prcc19_gu028

なお、このガイドファイルはAfterEffectsのコンポジション、フッテージ、レイヤーのいずれのパネルでも取り込むことが可能です。

AfterEffectsには以前からこの定規ガイドの機能はありましたが、Premiere Proにはありませんでした。 Premiere Proではグラフィッククリップなど新しい要素が次々と増えてきたため、様々なクリップ同士を整列させる頻度が増えてきたのではないか?と思います。アップデートがまだの方はぜひアップデートして使ってみてください。

関連講座

↑ページTOPへ

| カテゴリ | | Web | DTP・デザイン | CG・動画・映像 | キャリア・就活 |
| お客様 Index | | 企業・自治体のお客様に | 学生の方に |
| 目的別・状況別 Index | | Webデザイン入門セミナー | 映像編集入門セミナー | DTPデザイン入門セミナー | 魅力的なポートフォリオ作成 |
| Adobe CCを覚えたい方に | | Photoshop CC 2018の使い方・基本 | Illustrator CC 2018使い方・基本 |
| 画像をきれいに編集する方法 | 読みやすい文字の組み方 |
| HTML / XHTML / CSSの基礎知識 | HTML5 / CSS3の基礎知識 | JavaScriptの基礎知識 | jQuary・jQueryMobileの基礎知識 |
| Dreamweaver CC 2015の使い方・基本 | InDesign CCの使い方・基本 |
| AfterEffects CC 2018の使い方・基本 | AfterEffects CC 2014の使い方・実践 |
| Premiere Pro CC 2018の使い方・基本 |
| Webの基本をマスターしている方 | | 棚橋弘季氏の直伝、ユーザー中心のWebサイト設計 | 益子貴寛氏が伝授するCSS実践テクニック |
| 矢野りんさんに学ぶ、”使える”デザイン基礎知識 | こもり氏のHTML+CSS基礎 | 平塚氏のマーケティング基礎 |
| 坂本氏のIA入門 | Webに関わるすべての人の「Webリテラシー」講座 | 神森勉氏に学ぶコーディング講座 |
| 森川眞行氏に学ぶ、大規模サイトの構築・運用マネジメント |
| 就職・転職・就活中の方へ | | 模擬面接セミナー(個別FB付) | エントリーシートブラッシュアップセミナー |
| 面接・職場で使えるビジネスマナー研修 | 職務経歴書添削セミナー |