イトウ先生のTipsnote Photoshop 2020 の新機能:コンテンツに応じた塗りつぶし(全レイヤー対象)

イマジカデジタルスケープ 短期集中クリエイティブ講座

イマジカデジタルスケープ・AfterEffects・Photoshop・HTML・CSS・JavaScript・1日トレーニング

Web・動画・映像・ゲーム・DTP・CG・Adobe Creative Cloud・キャリア・就活に

 
 
1 緊急事態宣言発令に伴うトレーニングの開催延期について
 

お客様index

企業・自治体のお客様に 業務効率化、コスト削減に

クリ博登録者・学生の方に 割引トレーニングはコチラ


イトウ先生のTipsnote

イトウ先生のTipsnote Secondbook


イトウ先生のTipsnote:目次

【 Photoshop 2020 の新機能:コンテンツに応じた塗りつぶし(全レイヤー対象) 】

こんにちは、イマジカデジタルスケープの伊藤和博です。
今週は、先日発表されましたPhotoshop 2020、2020年2月リリースから新機能で、「コンテンツに応じた塗りつぶし(全レイヤー対象)」をご紹介します。
今ではすっかりお馴染みとなりました「コンテンツに応じた・・・」関連の機能ですが、先日リリースされましたPhotoshop 2020・2月アップデートから、塗りつぶしとして参照するレイヤーを全てのレイヤーから同時に参照する機能が追加されましたので、その機能をご紹介いたします。
コンテンツに応じた塗りつぶしは、CC2018までは編集メニュー < 塗りつぶし、の機能内に、塗りつぶし機能の一部の機能として搭載されていましたが、CC2019のアップデート版以降、編集メニューの中に独立したメニューとして搭載されるようになり、プレビューーパネルで結果を確認しながらリアルタイム修正が可能になっていますので、そのあたりのオペレーションも含めてご紹介いたします。

さっそくやってみよう!

まずは、画像内に何らかの選択範囲を作成した状態で、編集メニュー < コンテンツに応じた塗りつぶし、を選択します。。

Ps20_con002

「サンプリング領域を表示」(デフォルトでチェック済)は、あらかじめ画像に作成しておいた選択範囲の周辺画像のうち、どのエリアから画像をサンプルしているかを黄緑の網で確認するチェックになります。
サンプリング領域を設定するのが、そのすぐ下にあるサンプリング領域のオプションになり、「自動」「矩形」「カスタム」から任意の領域を選択します。この時「自動」を選択すると、塗りつぶしに最適な領域を自動で選択してくれるようになります。 カスタムを選択した場合は、ウインドウ左上にあるサンプリングブラシツールでサンプリングしたい箇所をペイントして指定します。
また、CC2018までは塗りつぶした後で結果を確認し、思うような結果でない場合はやり直す、という形でしたが、塗りつぶし後の結果は、画像のすぐ右側に表示されているプレビューパネルで、リアルタイムに結果を確認しながら作業が可能になります。

Ps20_con003

「カラー適用」を使用すると、明るさとコントラストを調整したうえで塗りつぶしを行います。グラデーションやテクスチャ画像、光沢のある画像の塗りつぶしに使うと効果的です。

Ps20_con005

塗りつぶし後の画像の出力先を設定し、OKをクリックします。

Ps20_con007

全レイヤーを対象

今回の2020では、このコンテンツに応じた塗りつぶしを「全レイヤーを対象」にすることが可能になりました。別々のレイヤーにある画像を、1枚の結合した画像のように見立てて、選択範囲に対してコンテンツに応じて塗りつぶす、というもので、いわゆる「結合部分をコピー」の機能と同じように、全部のレイヤーを貫通して処理する機能になります。
例えば、以下のようなレイヤー構造の画像があったとします。

Ps20_con012

「結合部分をコピー」という機能は、任意のレイヤーを選択した状態で選択範囲を作成し、編集メニュー < 結合部分をコピー、を選択すると、選択範囲内に見えている全てのレイヤーを合体した1枚画像としてコピーする機能になります。

Ps20_con013

この機能と同様に、表示されている全レイヤーを参照してコンテンツに応じて塗りつぶすことが可能になりました。例えば、国旗とテキストの箇所に選択範囲を作成し、コンテンツに応じた塗りつぶしを選択すると、以下のようになります。

Ps20_con015

そもそも、特定のレイヤーの全部を塗りつぶして消すために、全レイヤーを対象にこの「コンテンツに応じた塗りつぶし」を使うのであれば、単にその「レイヤーを非表示にするか、削除すれば良い」ということになるかと思いますので、レイヤーの一部分のみ消す必要がある場合や、この機能を使って周辺の画像から塗りつぶし画像を新規に起こし、元のレイヤー画像と合成して使用する、等の目的で使用するといいかと思います。
確定前にプレビューで結果がわかる、など、従来からの「コンテンツに応じた塗りつぶし」に比べると格段に操作感が向上しており、レスポンスも上がっていますので、アップデートがまだの方はぜひアップデートして使ってみてください。

関連講座

↑ページTOPへ

| カテゴリ | | Web | DTP・デザイン | CG・動画・映像 | キャリア・就活 |
| お客様 Index | | 企業・自治体のお客様に | 学生の方に |
| 目的別・状況別 Index | | Webデザイン入門セミナー | 映像編集入門セミナー | DTPデザイン入門セミナー | 魅力的なポートフォリオ作成 |
| Adobe CCを覚えたい方に | | Photoshop CC 2018の使い方・基本 | Illustrator CC 2018使い方・基本 |
| 画像をきれいに編集する方法 | 読みやすい文字の組み方 |
| HTML / XHTML / CSSの基礎知識 | HTML5 / CSS3の基礎知識 | JavaScriptの基礎知識 | jQuary・jQueryMobileの基礎知識 |
| Dreamweaver CC 2015の使い方・基本 | InDesign CCの使い方・基本 |
| AfterEffects CC 2018の使い方・基本 | AfterEffects CC 2014の使い方・実践 |
| Premiere Pro CC 2018の使い方・基本 |
| Webの基本をマスターしている方 | | 棚橋弘季氏の直伝、ユーザー中心のWebサイト設計 | 益子貴寛氏が伝授するCSS実践テクニック |
| 矢野りんさんに学ぶ、”使える”デザイン基礎知識 | こもり氏のHTML+CSS基礎 | 平塚氏のマーケティング基礎 |
| 坂本氏のIA入門 | Webに関わるすべての人の「Webリテラシー」講座 | 神森勉氏に学ぶコーディング講座 |
| 森川眞行氏に学ぶ、大規模サイトの構築・運用マネジメント |
| 就職・転職・就活中の方へ | | 模擬面接セミナー(個別FB付) | エントリーシートブラッシュアップセミナー |
| 面接・職場で使えるビジネスマナー研修 | 職務経歴書添削セミナー |