イトウ先生のTipsnote Illustrator 2020 の新機能:100倍のカンバスサイズ

イマジカデジタルスケープ 短期集中クリエイティブ講座

イマジカデジタルスケープ・AfterEffects・Photoshop・HTML・CSS・JavaScript・1日トレーニング

Web・動画・映像・ゲーム・DTP・CG・Adobe Creative Cloud・キャリア・就活に

イトウ先生のTipsnote:目次

【Illustrator 2020 の新機能:100倍のカンバスサイズ】

こんにちは、イマジカデジタルスケープの伊藤和博です。
今週は、Illustrator 2020から新機能で「100倍のカンバスサイズ」をご紹介します。
Illustratorのカンバスサイズは、これまでずっと幅高さ最大227インチ(約5m77cm)でしたが、2020の6月アップデート版より、カンバスの幅高さ(辺の長さ)が、これまでの10倍の2270inch(約57m)、結果カンバスの面積は100倍と、とてつもなく広くなりました。

従来バージョンでは、大型看板、屋外広告、のぼりなどのサインディスプレイの作成時、縮小サイズで作成しておき、プリント時に拡大、という作業が必要でしたが、原寸でのサイズで作成可能になりました。 厳密には裁ち落としをゼロにした状態で、従来バージョンは縦横5779.558mmでしたが、2020の6月アップデート版で縦横57795.5833 mmになります。ただ、この幅高さ57メートルというサイズに対応しているアプリはほぼないかと思いますので、現状では保存とアウトプット、閲覧に少々考慮しておかないといけません。その辺りも含めてご紹介したいと思います。

さっそくやってみよう!

まず、従来カンバスの縦横10倍、面積が100倍になったからといって、そもそもカンバスサイズを指定してドキュメントを作成する、ということは必要ありません。
新規ドキュメントの作成時に、従来のカンバスサイズ(縦横227インチ)よりも大きいアートボードサイズを作成した時、また、複数のアートボードを同時に作成した際、それらのアートボード全体の領域が、従来のカンバスサイズ(縦横227インチ)よりも大きくなる場合に、自動的にカンバスサイズが拡張してドキュメントが作成されるようになりました。

大きいカンバスサイズ

なお、縦横いずれかが、2270inchを超えるサイズでアートボードを作成しようとするとエラーが表示されます。

2270inchを超えるとエラー

また、最初にデフォルトのカンバスサイズ(227インチ(約5m77cm))で作成したドキュメントに対し、後からアートボードを増やし続け、アートボード全体の面積がカンバスの面積を超えるサイズになる場合は、カンバスは拡張されません。

227inchで作成したものは拡張しない

下位互換

この大きなカンバスサイズを使用するにあたっての一番の懸念点は、保存やプリント、他のバージョンとの互換がどのようになっているか?という部分になるかと思いますが、まずは、保存ですが、普通にai形式で保存して、再度開くには問題ありません。ただし、大きいサイズのアートボードに対応した2020のバージョン同士に限ります。

大きいサイズのカンバスで作成したaiファイルを、CC2019以下のIllustratorで開くと、カンバスサイズおよびオブジェクトは、およそ1/10に縮小されて開きます。なお、縮小されて開いたドキュメントで、オブジェクトがアートボードからはみ出してしまう場合、はみ出した箇所はクリッピングマスクでマスクされた状態で開きます。また、一部の編集機能が無効になり、アウトライン化していないテキストを含む場合、テキストレイアウトが変更になる場合があります。

縮小して開く

PDF保存

次にPDFで「保存」する場合ですが、まず、カンバスそのものは最大サイズの57795.5833mmで構いませんが、アートボードのサイズは50800mm以内で作成します。50801mm以上のアートボードはアラートを返します。

PDF保存

また、保存時にPDFのバージョンを指定できますが、PDFバージョン1.6以降で保存します。1.6以降のバージョンで保存した場合はカンバスサイズを維持して保存されますが、PDFバージョン1.5以下の場合は、1/10のサイズに縮小保存されます。

PDFバージョン1.6

また、PDFとして保存し、そのPDFをIllustratorのファイルメニュー > 配置、からドキュメント内に配置する際、大きいカンバスサイズを維持した状態で配置するには、環境設定 > 一般 > PDFを読み込みする際にスケールを維持、にチェックを入れておきます。このチェックを入れずに保存すると、ファイルメニュー > 配置、でPDFを配置した際、1/10に縮小されて配置されます。

PDFを読み込みする際にスケールを維持

PDFアセット

次にPDFの「アセット」書き出しですが、まず、カンバスサイズおよびアートボードサイズは、PDFの「保存」とは違い、最大の57795.5833mmで問題ありません。ポイントは、オブジェクトをアセットパネルに登録する際、アートボードからはみ出したオブジェクトを登録してもPDFアセットとして正しく書き出すことができませんので、アセットに登録するオブジェクトはアートボード内に収まっているのを確認してから登録します。

オブジェクトはアートボード内に収める

また、PDFを配置する場合と同様に、PDFアセットを作成する場合は、PDFバージョンを指定できるため、大きいカンバスサイズを維持する場合は、PDF1.6形式以上で書き出します。

PDFアセットもPDF1.6以上

なお、保存または書き出したPDFを100%の大きいカンバスサイズで「見る」場合ですが、Adobe Acrobat DCや、Adobe Readerでは問題ありませんが、他のPDFを閲覧するアプリ(Macのプレビューなど)で見た場合や、Webブラウザで表示した場合は、PDF Reader系アプリケーション側やブラウザー側が、その拡大・縮小率に対応していない場合、アートワークは1/10に縮小されて表示されます。

その他の書き出し形式とツールの制限

大きいカンバスサイズの書き出しですが、このブログの執筆時点でサポートされている書き出し形式は、PDF、PNG、JPEG、PS、TIFF、SVGの書き出しに対応しており、ファイルメニュー > 書き出し >書き出し形式またはスクリーン用に書き出し、からこれらの形式に書き出していきます。

ファイルメニューから書き出し

ただし、この「大きいカンバスに対応している」というのは、大きいカンバスの中に作成したオブジェクトはオブジェクトのサイズに関係なく書き出せる、という意味ではありません。

ファイルメニュー > 書き出しの場合には、書き出しのオペレーションまでは通りますが、書き出すファイルサイズや解像度指定によっては、メモリー不足などが発生し、保存できない場合があります。解像度はスクリーン72dpiを指定してもファイルサイズが大きい、と警告が出る場合もあります。

また、ファイルメニュー > スクリーン用に書き出しの場合、SVGは制限なく書き出しが可能ですが、JPEGとPNGは縦横8100mm前後(8173mmまでのオブジェクトは書き出しを確認しています)まで可能のようで、それ以上のサイズにはファイルサイズが大きすぎて書き出せません、と警告が表示されます。 なお、ファイルメニュー > Web用に保存、と、スライスツールは,、大きいサイズのカンバスには対応していないようです。

Web用に保存とスライスツールは非対応

このブログの執筆に使用しているPCはMacbookPro(2019)で、そこそこのスペックはありますが、幅高さ57メートルの画像の書き出し、というのは正直初めてで、書き出しの制限でうまく描き出せないのか、PCのスペック不足で描き出せないのか、が正直確認が取れていません。
ただ、いずれにしても従来の5.7メートルを遥かに超えるカンバスサイズになりましたので、これまで看板のデータなどは後に偶数倍で原寸になるよう縮小して作成、というケースが多かったのではないかと思いますが、これからは多くの看板が原寸で入稿が可能になるのではないか?と思います。アップデートがまだの方はぜひアップデートして使ってみてください。

関連講座

↑ページTOPへ

| カテゴリ | | Web | DTP・デザイン | CG・動画・映像 | キャリア・就活 |
| お客様 Index | | 企業・自治体のお客様に | 学生の方に |
| 目的別・状況別 Index | | Webデザイン入門セミナー | 映像編集入門セミナー | DTPデザイン入門セミナー | 魅力的なポートフォリオ作成 |
| Adobe CCを覚えたい方に | | Photoshop 2020の使い方・基本 | Illustrator 2020の使い方・基本 |
| Photoshop 2020の使い方・画像補正編 | 読みやすい文字の組み方 |
| HTML / XHTML / CSSの基礎知識 | HTML5 / CSS3の基礎知識 | JavaScriptの基礎知識 | jQuary・jQueryMobileの基礎知識 |
| Dreamweaver CC 2015の使い方・基本 | InDesign CCの使い方・基本 |
| AfterEffects 2020の使い方・基本 | AfterEffects 2020の使い方・実践1 |
| Premiere Pro 2020の使い方・基本 |
| 就職・転職・就活中の方へ | | 模擬面接セミナー(個別FB付) | エントリーシートブラッシュアップセミナー |
| 面接・職場で使えるビジネスマナー研修 | 職務経歴書添削セミナー |