イトウ先生のTipsnote AfterEffects CC・モーションスケッチ

イマジカデジタルスケープ 短期集中クリエイティブ講座

イマジカデジタルスケープ・AfterEffects・Photoshop・HTML・CSS・JavaScript・1日トレーニング

Web・動画・映像・ゲーム・DTP・CG・Adobe Creative Cloud・キャリア・就活に

 
 
1 11月・12月・日曜開講のお知らせ
 

お客様index

企業・自治体のお客様に 業務効率化、コスト削減に
クリ博登録者・学生の方に 割引トレーニングはコチラ


イトウ先生のTipsnote


イトウ先生のTipsnote:目次

【 AfterEffects CC:モーションスケッチ 】 

今週は、AfterEffects CCから、「モーションスケッチ」と「Illustratorからモーションパスを作成」をご紹介します。
レイヤーに対してトランスフォームの位置とアンカーポイントにキーフレームを設定する際、最初のキーを設定した後、タイムラインパネルや選択ツールで数値やレイヤーをドラッグすることで、最後のキーを設定しますが、この時、モーションスケッチの機能を使用すると、マウスでドラッグした軌跡上を動かすことが可能になります。なお、このモーションスケッチの機能は、トランスフォーム内では位置とアンカーポイントのトランスフォームに使用する機能で、その他のスケール、回転、不透明度には適用することができません。
また、Illustratorで作成した様々なパスをモーションパスとして活用することも可能です。Illustratorで作成したパスは、オープンパスに限らず、クローズパスでもモーションパスとして活用することが可能ですので、今週はこのモーションパスについてご説明します。

さっそくやってみよう!(モーションスケッチ)

モーションスケッチは、レイヤーを、マウスドラッグした軌跡上で動かす機能です。まずは、タイムラインパネルにレイヤーを作成し、位置またはアンカーポイントに最初のキーフレームを設定します。今回は、「mori」という画像を一番下のレイヤーに置いて非表示にしておき、その上にテキストレイヤーを作成して、テキストレイヤーの位置トランスフォームに最初のキーを設定しています。

Aecc_ms003

ウインドウメニューからモーションスケッチを選択し、モーションスケッチパネルを表示します。次に、「キャプチャー開始」のボタンをクリックし、タイムラインパネル上でモーションキャプチャーしたいトランスフォームを選択した状態で、コンポジションパネル上でレイヤーを任意にドラッグします。すると、自動的に時間軸インジケーター(再生ヘッド)が動きだし、ドラッグした軌跡にパスを作成し出します。再生ヘッドがタイムラインの右端に到達するまでの間、ドラッグした軌跡上にパスを作成します。なお、パスの軌跡はワンストロークで作成されるため、ドラッグの途中でマウスを離すと、再生ヘッドが動いていても、そこでパスを作成するのは終了となります。

Aecc_ms004

モーションスケッチパネルの「キャプチャ速度」は、再生ヘッドの動く速度を設定するもので、コンポジションのデュレーションが5秒の場合、マウスでレイヤーを動かし出した後、再生ヘッドもちょうど5秒でタイムラインの最後に到達します。キャプチャ速度の数値を上げると、再生ヘッドはデュレーションで設定している時間よりも早く動きます。
また、モーションスケッチパネルのスムージングは、モーションパスの精度を設定するもので、数値が低いと、ドラッグした軌跡に忠実にキーを設定し、結果、設定されるキーフレームも多くなります。数値を上げると、モーションパスは滑らかになり、キーフレームの数も少なくなります。スムージングの最小値は0で、最大値は1000ですが、スムージングを1000まで上げると、ほとんどの曲線は直線になってしまいますので、パスを滑らかに作成したい場合は50前後で一度作成してみて、その後、調整するといいでしょう。

Aecc_ms006

モーションスケッチパネルのワイヤーフレームは、レイヤーの境界線を表示するもので、このチェックを入れないと、移動しているレイヤーの大きさが捕らえなくなります。

Aecc_ms009

モーションスケッチパネルの背景は、チェックを外すと、レイヤーをドラッグしてパスを作成している間、現在のレイヤーよりも下にあるレイヤーを一時的に非表示にします。これは、タイムラインパネル上での目のアイコンがON(表示)の状態でも一時的に非表示になります。チェックを入れると、ドラッグしてパスを作成している間も、下にあるレイヤーを表示したままパスを作成しますが、この時タイムラインパネル上での目のアイコンがOFF(非表示)の場合には、背景にチェックを入れても表示はされません。

Aecc_ms010

さっそくやってみよう!(Illustratorからモーションパスを作成)

これは、特別難しい操作はありませんが、イラストレーターでパスを作成してコピーし、AfterEffectsの位置またはアンカーポイントのトランスフォームを選択した状態で、ただペーストします。パスは、レイヤーを選択した状態でペーストするとマスクパスになるため、必ずトランスフォームの位置かアンカーポイントを選択してペーストしましょう。

Aecc_ms014

なお、イラストレーターで作成したパスをモーションパスとしてペーストすると、ペースト後にキーフレームの選択を解除し、最後のキーフレームのみをドラッグすると、キーフレーム同士の間隔を自動的に調整することが可能ですので、スピード調整が可能になっています。

Aecc_ms015

パスを作成するのはイラストレーターが得意であるため、複雑な動きを作成する場合は、イラストレーターでパスを作成して、コピーペースト、という方法がいいかと思います。今回はイラストレーターのスパイラルでパスを作成しましたが、四角形や星などのクローズパスもモーションパスとして使用できるため、ぜひ活用してみてください。

関連講座

↑ページTOPへ

| カテゴリ | | Web | DTP・デザイン | CG・動画・映像 | キャリア・就活 |
| お客様 Index | | 企業・自治体のお客様に | 学生の方に |
| 目的別・状況別 Index | | Webデザイン入門セミナー | 映像編集入門セミナー | DTPデザイン入門セミナー | 魅力的なポートフォリオ作成 |
| Adobe CCを覚えたい方に | | Photoshop CC 2015の使い方・基本 | Illustrator CC 2015使い方・基本 |
| 画像をきれいに編集する方法 | 読みやすい文字の組み方 |
| HTML / XHTML / CSSの基礎知識 | HTML5 / CSS3の基礎知識 | JavaScriptの基礎知識 | jQuary・jQueryMobileの基礎知識 |
| Dreamweaver CC 2015の使い方・基本 | InDesign CCの使い方・基本 |
| AfterEffects CCの使い方・基本 | AfterEffects CC 2014の使い方・実践 |
| Premiere Pro CC 2014の使い方・基本 |
| Webの基本をマスターしている方 | | 棚橋弘季氏の直伝、ユーザー中心のWebサイト設計 | 益子貴寛氏が伝授するCSS実践テクニック |
| 矢野りんさんに学ぶ、”使える”デザイン基礎知識 | こもり氏のHTML+CSS基礎 | 平塚氏のマーケティング基礎 |
| 坂本氏のIA入門 | Webに関わるすべての人の「Webリテラシー」講座 | 神森勉氏に学ぶコーディング講座 |
| 森川眞行氏に学ぶ、大規模サイトの構築・運用マネジメント |
| 就職・転職・就活中の方へ | | 模擬面接セミナー(個別FB付) | エントリーシートブラッシュアップセミナー |
| 面接・職場で使えるビジネスマナー研修 | 職務経歴書添削セミナー |