イトウ先生のTipsnote Flash CC 2014・アニメーションガイド

イマジカデジタルスケープ 短期集中クリエイティブ講座

イマジカデジタルスケープ・AfterEffects・Photoshop・HTML・CSS・JavaScript・1日トレーニング

Web・動画・映像・ゲーム・DTP・CG・Adobe Creative Cloud・キャリア・就活に

 
 
1 11月・12月・日曜開講のお知らせ
 

お客様index

企業・自治体のお客様に 業務効率化、コスト削減に
クリ博登録者・学生の方に 割引トレーニングはコチラ


イトウ先生のTipsnote


イトウ先生のTipsnote:目次

【 Flash CC 2014の新機能:アニメーションガイド 】 

今週は、Flash CC 2014の10月リリース新機能の中から、可変線幅に沿って拡大縮小しながらアニメートする、アニメーションガイドをご紹介します。
この機能は、クラシックトゥイーンにのみ適用できるアニメーションで、トゥイーンアニメーション用に用意したモーションガイドレイヤーの線を可変線幅にすることで、線の太さに合わせて拡大縮小しながらアニメートする、というものです。
なお、このアニメーションガイドはActionScript3.0でも、HTML5 canvasのどちらでも作成可能ですので、JavaScriptで書き出してスマートフォンサイトに実装することも可能なアニメーションになります。

さっそくやってみよう!

まずは、モーションガイドを使用したクラシックトゥイーンそのものを作成する必要がありますので、その方法からご紹介します。
クラシックトゥイーンそのものの作成は、シェイプトゥイーンと同じように、最初と最後にキーフレームを設定し、最後のキーフレームのオブジェクトを任意の箇所に移動して、スパンを右クリックし、クラシックトゥイーンを作成、で作成可能ですので、ここまではシェイプアニメーションやモーショントゥイーンアニメと同じですので問題ないかと思います。この段階では、まだ直線的なアニメーションです。

Flcc_anime004

クラシックトゥイーンはシンボルとインスタンスでアニメーションを作成するため、最初に作成したオブジェクトがシェイプのままでも、クラッシックトゥイーン自動的にシンボルに登録され、ステージ上にあるものは自動的にインスタンスとなります。
次に、このレイヤーの上に、クラシックモーションガイドレイヤーを作成します。
レイヤーの上で右クリックし、クラシックモーションガイドレイヤーを追加、を選択します。

Flcc_anime008

次に、ガイドレイヤーの1フレーム目を選択した状態で、鉛筆ツール、ペンツール、線ツールなどの線属性のツールで任意の線を描きます。ブラシツールで描いた線は、モーションパスとして機能はしますが、ブラシは塗り属性となるため、可変線幅として(線として)幅を変更することができません。

Flcc_anime010

クラッシックトゥイーンを作成したレイヤーの1フレーム目(キーフレーム)を選択(スパンの上であればどこでもかまいませんが1フレーム目と覚えておくといいでしょう)し、プロパティパネルのトゥイーンから、【吸着】・【伸縮】・【パスに沿って拡大縮小】の3カ所にチェックを入れます。HTML5 canvasで作成した場合は、伸縮のチェックが最初から入っており、チェックを外すことはできません。ActionScript3.0で作成した場合は、この伸縮にチェックをいれておきます。

Flcc_anime011

次に、クラッシックトゥイーンを作成したレイヤーの1フレーム目を選択し、選択ツールに持ち替え、インスタンスの中心をガイドレイヤーに作成した線の始点(先端。アニメのスタート地点)に合わせます。 同様に、クラッシックトゥイーンを作成したレイヤーの最後のキーフレームを選択し、ガイドレイヤーに作成した線の終点に、インスタンスの中心を合わせます。 なお、プロパティパネルの「吸着」にチェックを入れることで、インスタンスの中心が先端に自動的に吸着しますが、これは始点の方のみで、終点のインスタンスは、線の終点には自動では吸着しません。そのため、終点とインスタンスの中心が一致しないまま再生すると、作成したアニメーションが、途中でフラッシュする点滅アニメのようにみえてしまうため、インスタンスの中心をそれぞれ始点と終点、特に終点の方は必ず合わせておきます。

Flcc_anime012

この状態で書き出したアニメーションが以下の状態です。線に沿ってただアニメーションします。

線幅を変更する

モーションパスに設定した線を選択し、プロパティパネルから線幅のデザインを任意に変更するか、または線幅ツールで任意に線幅を変更します。

Flcc_anime014

再生してみましょう。キーフレームに対してプロパティパネルから【パスに沿って拡大縮小】のチェックを入れておいたため、線幅が変わるとその幅に応じて拡大縮小するようになります。

パスに沿って色付け

モーションパスとして使用した線のカラーを、インスタンスに適用することも可能です。部分的に線の色を変更しておけば、カラーが変更しながらアニメーションしていきます。

Flcc_anime015



オペレーションとして間違えやすいところは、「モーションパスとなる線の先端に、始点と終点それぞれ、インスタンスの中心をきちんと合わせること」です。これを行わないとパスに沿わなくなり、あくまでも最初に設定したクラシックトゥイーンの直線的なアニメのままになるため、その直線的な動きの軌跡上で、かつ、パスと交差した箇所だけインスタンスが表示されてしまい、点滅アニメーションのようになってしまいます。

今回のブログの冒頭でも申し上げましたが、このアニメーションガイドはActionScript3.0でも、HTML5 canvasのどちらでも作成可能ですので、ぜひ使ってみてください。

関連講座

↑ページTOPへ

| カテゴリ | | Web | DTP・デザイン | CG・動画・映像 | キャリア・就活 |
| お客様 Index | | 企業・自治体のお客様に | 学生の方に |
| 目的別・状況別 Index | | Webデザイン入門セミナー | 映像編集入門セミナー | DTPデザイン入門セミナー | 魅力的なポートフォリオ作成 |
| Adobe CCを覚えたい方に | | Photoshop CC 2015の使い方・基本 | Illustrator CC 2015使い方・基本 |
| 画像をきれいに編集する方法 | 読みやすい文字の組み方 |
| HTML / XHTML / CSSの基礎知識 | HTML5 / CSS3の基礎知識 | JavaScriptの基礎知識 | jQuary・jQueryMobileの基礎知識 |
| Dreamweaver CC 2015の使い方・基本 | InDesign CCの使い方・基本 |
| AfterEffects CCの使い方・基本 | AfterEffects CC 2014の使い方・実践 |
| Premiere Pro CC 2014の使い方・基本 |
| Webの基本をマスターしている方 | | 棚橋弘季氏の直伝、ユーザー中心のWebサイト設計 | 益子貴寛氏が伝授するCSS実践テクニック |
| 矢野りんさんに学ぶ、”使える”デザイン基礎知識 | こもり氏のHTML+CSS基礎 | 平塚氏のマーケティング基礎 |
| 坂本氏のIA入門 | Webに関わるすべての人の「Webリテラシー」講座 | 神森勉氏に学ぶコーディング講座 |
| 森川眞行氏に学ぶ、大規模サイトの構築・運用マネジメント |
| 就職・転職・就活中の方へ | | 模擬面接セミナー(個別FB付) | エントリーシートブラッシュアップセミナー |
| 面接・職場で使えるビジネスマナー研修 | 職務経歴書添削セミナー |