イトウ先生のTipsnote InDesign CC 2014・カラーテーマツール

イマジカデジタルスケープ 短期集中クリエイティブ講座

イマジカデジタルスケープ・AfterEffects・Photoshop・HTML・CSS・JavaScript・1日トレーニング

Web・動画・映像・ゲーム・DTP・CG・Adobe Creative Cloud・キャリア・就活に

 
 
1 10月・日曜開講のお知らせ
 

お客様index

企業・自治体のお客様に 業務効率化、コスト削減に
クリ博登録者・学生の方に 割引トレーニングはコチラ


イトウ先生のTipsnote


イトウ先生のTipsnote:目次

【 InDesign CC 2014:カラーハーモニーを抽出する、カラーテーマツール 】 

今週は、InDesign CC 2014から、画像やイラストからカラーハーモニーを抽出する、カラーテーマツールをご紹介します。
カラーテーマツールを使用すると、データの中で使用している様々なオブジェクトからカラーを抽出し、そのデータ特有のカラーテーマを作成することが可能です。InDesign上で作成したオブジェクトに限らず、IllustratorやPhotoshopのデータなど、InDesignに貼り込んだデータからもカラーを抽出し、カラーテーマルールを作成することが可能になっています。
一般的にページデザインでは「何色を使い、色数はいくつまでにし、紙面のどの程度の面積にその色を使用するか?」を考慮してデザインすることで、一貫性、統一感、清楚感などを与えることができます。この「色使い」を考慮せずにカラーを使用すると、いい意味でとらえれば、紙面に楽しさ・にぎやかさを与える、ということになりますが、何の関連性も無いカラーを無作為に使用すると、煩雑さやごちゃごちゃした感じを与えてしまうことも懸念されます。
そこで、紙面の中で使用しているカラーと同じカラーにすることで、色数を絞り、統一感などを演出するわけですが、単にカラーを吸い取る場合は、従来からある、スポイトツールを使うことで画像やイラストなどからもカラーのサンプリングすることが可能です。
カラーテーマツールは、複数のカラーを同時に吸い取ることや、その吸い取ったカラーをスウォッチにカラーグループとしてまとめておくことも可能になっています。

さっそくやってみよう!

カラーをサンプルしたいデータを開き、カラーテーマツールを選択した後、カラーを拾いたい任意の箇所でクリックします。
自動的にパネルが表示され、その中にクリックしたカラーが登録されます。
単色オブジェクトの上でクリックすると、そのカラー1色のみ抽出します。抽出後、カラーを適用したい任意の箇所でクリックすると、そのカラーを適用することができますが、この使い方は従来のスポイトツールと同じ使い方になります。

idcc_col002

複数のカラーを持っている画像やイラスト、また、複数カラーでペイントされたテキストフレームなどの上でクリックすると、そのオブジェクト内に含まれるカラーから、調和のとれたカラーを5色同時に抽出します。

idcc_col005

抽出したカラーテーマをもう一度作り直したい場合、または抽出したカラーテーマをリセットしたい場合は、新しく抽出したい箇所で、option【Alt】+クリックし現在のカラーテーマを上書きするか、キーボードのEscキーをタイプし、改めてカラーテーマ抽出したい箇所でクリックし直します。
また、単色オブジェクトに対して、任意の1色を選択してオブジェクトに適用する場合は、表示されたパネルから適用したいカラーを選択し、オブジェクトの上でクリックします。

idcc_col007

抽出したカラーテーマのトーンバリエーションを表示する場合は、表示されたパネルの▲(フライアウトメニュー)から、ハーモニーのバリエーションを選択します。

idcc_col008

抽出先に、効果が適用されている場合

InDesignの、オブジェクトメニュー>効果の中にある様々な効果や、不透明度が適用されているオブジェクト上からカラーを抽出すると、デフォルトではその効果や不透明度が効いた状態のカラーを抽出します。
また、抽出するカラーがRGBまたはCMYKであっても、オブジェクトに適用するとドキュメントのカラーモードに準じたカラーで自動て適用されます。
これらの設定を変更する場合は、カラーテーマツールをダブルクリックし、カラーテーマオプションから設定します。

idcc_col009

カラーグループとしてスウォッチに登録

抽出した5色のカラーは、スウォッチパネルにカラーグループまたは独立した個々のカラーとして登録することが可能です。カラーグループとして登録する場合は、表示されたパネルのスウォッチのアイコンをクリックします。特定の1色のみを登録する場合は、表示されたパネルのスウォッチのアイコンをoption【Alt】+クリックします。

idcc_col010

また、InDesign CC 2014から、スウォッチ設定でRGBカラーを選択すると16進数でカラーを適用することも可能になっています。

idcc_col012

ここで抽出したカラーは、Adobe Colorの中でCreative Cloudで共有することも可能になっていますので、InDesignで抽出したカラーテーマを他のアプリケーションでも使用することが可能になっています。
InDesignは、グラデーションぼかしツールなど、IllustratorやPhotoshopにもぜひ欲しい便利ツールが数多くありますが、このカラーテーマツールもその1つといえます。ぜひページデザインに活用してみてください。

関連講座

↑ページTOPへ

| カテゴリ | | Web | DTP・デザイン | CG・動画・映像 | キャリア・就活 |
| お客様 Index | | 企業・自治体のお客様に | 学生の方に |
| 目的別・状況別 Index | | Webデザイン入門セミナー | 映像編集入門セミナー | DTPデザイン入門セミナー | 魅力的なポートフォリオ作成 |
| Adobe CCを覚えたい方に | | Photoshop CC 2015の使い方・基本 | Illustrator CC 2015使い方・基本 |
| 画像をきれいに編集する方法 | 読みやすい文字の組み方 |
| HTML / XHTML / CSSの基礎知識 | HTML5 / CSS3の基礎知識 | JavaScriptの基礎知識 | jQuary・jQueryMobileの基礎知識 |
| Dreamweaver CC 2015の使い方・基本 | InDesign CCの使い方・基本 |
| AfterEffects CCの使い方・基本 | AfterEffects CC 2014の使い方・実践 |
| Premiere Pro CC 2014の使い方・基本 |
| Webの基本をマスターしている方 | | 棚橋弘季氏の直伝、ユーザー中心のWebサイト設計 | 益子貴寛氏が伝授するCSS実践テクニック |
| 矢野りんさんに学ぶ、”使える”デザイン基礎知識 | こもり氏のHTML+CSS基礎 | 平塚氏のマーケティング基礎 |
| 坂本氏のIA入門 | Webに関わるすべての人の「Webリテラシー」講座 | 神森勉氏に学ぶコーディング講座 |
| 森川眞行氏に学ぶ、大規模サイトの構築・運用マネジメント |
| 就職・転職・就活中の方へ | | 模擬面接セミナー(個別FB付) | エントリーシートブラッシュアップセミナー |
| 面接・職場で使えるビジネスマナー研修 | 職務経歴書添削セミナー |