イトウ先生のTipsnote Dreamweaver CC 2015・JavaScriptを外部化

イマジカデジタルスケープ 短期集中クリエイティブ講座

イマジカデジタルスケープ・AfterEffects・Photoshop・HTML・CSS・JavaScript・1日トレーニング

Web・動画・映像・ゲーム・DTP・CG・Adobe Creative Cloud・キャリア・就活に

 
 
1 11月・12月・日曜開講のお知らせ
 

お客様index

企業・自治体のお客様に 業務効率化、コスト削減に
クリ博登録者・学生の方に 割引トレーニングはコチラ


イトウ先生のTipsnote


イトウ先生のTipsnote:目次

【 Dreamweaver CC 2015の新機能:JavaScriptを外部化 】 

今週は、先週に引き続きDreamweaver CC 2015から、「JavaScriptを外部化」をご紹介します。
この機能自体は、CC 2015から搭載された、ということではなく、機能そのものはCS4以降のDreamweaverであれば使用することが可能ですが、HTMLの中に記述されているJavaScript部分だけを外部ファイルに切り離す、という機能で、しかも、onclickなどのイベントハンドラも別にすることが可能なすぐれものです。
HTML5では、JavaScriptを使うことが当たり前になりましたが、scriptタグに記述したソースもこの機能を使えば簡単に分離することが可能ですので、どのように分離するかも含め、ぜひ一度使ってみていただきたい機能になります。

さっそくやってみよう!

まずは、HTMLのscriptタグ内にJavaScriptを使用したHTMLファイルをDreamweaverで開きます。今回は、headとbodyの中にそれぞれscriptタグを記述したものと、onclickのイベントハンドラを適用したinputタグを記述したものを使います。

Dwcc15_js001

コマンドメニュー>JavaScriptを外部化、を選択します。

Dwcc15_js002

このとき、scriptタグとその中のJavaScript部分のみを外部化する場合は、「JavaScriptの外部化のみ」にチェックし、外部化します。編集のタイプ、の列には、HTMLファイル内でscriptタグを使用している箇所が表示されるため、チェックを入れてHTMLからscriptタグを削除しておきます。このチェックを外して外部化してしまうと、外部JavaScriptファイルは作成されることは作成され、src属性で読み込みはしますが、ファイルの中身が空の外部JavaScriptファイルとなり、実際のJavaScriptは、HTMLに残したJavaScriptが効いていることになり、外部化する意味が無くなってしまいます。

Dwcc15_js003

実際に書き出すと、以下のようなウインドウを表示します。headの中に記述してあるJavaScriptは、現在のHTMLファイルのファイル名.jsの名前で外部JavaScriptを作成して外部化し、bodyタグの中に記述してあるJavaScriptは、SpryDOMUnils.jsという名称で外部JavaScriptを作成します。

Dwcc15_js006

JavaScriptを外部化したHTMLを保存すると、jQueryやSWFを使用した時と同様に依存ファイルのコピーのメッセージが表示され、SpryDOMUnils.jsをローカルルートフォルダに保存およびサーバーへのアップロードを促します。

Dwcc15_js007

完全分離

scriptタグはもちろん、onclickなどのイベントハンドラも含めて、JavaScriptを完全に外部に切り離す場合は、「JavaScriptを外部化し、onobtrusiveに添付(完全分離)」を選択します。なお、この完全分離を行うとビヘイビアパネルで設定したJavaScriptも分離され、以降は編集できなくなる警告を出します。

Dwcc15_js004

編集のタイプには、HTML内に設定したイベントハンドラも表示され、idを設定することが可能になります。ここで設定するid名に対して、Spry側からイベントリスナーで操作する、という仕組みになります。

Dwcc15_js005

分離後のソースを見ると、以下のように2つの外部JavaScriptのみになったのが確認できます。

Dwcc15_js011

bodyタグ内にあるscriptタグと、各種イベントハンドラを外部化するとSpryDOMUnils.jsで書き出すため、この部分をどのように扱うか?がポイントになるかと思います。Spryを使用せず、単に.jsファイルのみを作成して外部化する場合は、scriptタグはすべてheadタグの中に書いておき、イベントハンドラはそのままHTMLに残しておく、という方法がいいでしょう。

関連講座

↑ページTOPへ

| カテゴリ | | Web | DTP・デザイン | CG・動画・映像 | キャリア・就活 |
| お客様 Index | | 企業・自治体のお客様に | 学生の方に |
| 目的別・状況別 Index | | Webデザイン入門セミナー | 映像編集入門セミナー | DTPデザイン入門セミナー | 魅力的なポートフォリオ作成 |
| Adobe CCを覚えたい方に | | Photoshop CC 2015の使い方・基本 | Illustrator CC 2015使い方・基本 |
| 画像をきれいに編集する方法 | 読みやすい文字の組み方 |
| HTML / XHTML / CSSの基礎知識 | HTML5 / CSS3の基礎知識 | JavaScriptの基礎知識 | jQuary・jQueryMobileの基礎知識 |
| Dreamweaver CC 2015の使い方・基本 | InDesign CCの使い方・基本 |
| AfterEffects CCの使い方・基本 | AfterEffects CC 2014の使い方・実践 |
| Premiere Pro CC 2014の使い方・基本 |
| Webの基本をマスターしている方 | | 棚橋弘季氏の直伝、ユーザー中心のWebサイト設計 | 益子貴寛氏が伝授するCSS実践テクニック |
| 矢野りんさんに学ぶ、”使える”デザイン基礎知識 | こもり氏のHTML+CSS基礎 | 平塚氏のマーケティング基礎 |
| 坂本氏のIA入門 | Webに関わるすべての人の「Webリテラシー」講座 | 神森勉氏に学ぶコーディング講座 |
| 森川眞行氏に学ぶ、大規模サイトの構築・運用マネジメント |
| 就職・転職・就活中の方へ | | 模擬面接セミナー(個別FB付) | エントリーシートブラッシュアップセミナー |
| 面接・職場で使えるビジネスマナー研修 | 職務経歴書添削セミナー |