イトウ先生のTipsnote AfterEffects CC 2019 の新機能:Mocha AE CC プラグイン

イマジカデジタルスケープ 短期集中クリエイティブ講座

イマジカデジタルスケープ・AfterEffects・Photoshop・HTML・CSS・JavaScript・1日トレーニング

Web・動画・映像・ゲーム・DTP・CG・Adobe Creative Cloud・キャリア・就活に

 
 
1 トレーニングの再開について
 
 
2 緊急事態宣言発令に伴うトレーニングの開催延期について
 

お客様index

企業・自治体のお客様に 業務効率化、コスト削減に

クリ博登録者・学生の方に 割引トレーニングはコチラ


イトウ先生のTipsnote

イトウ先生のTipsnote Secondbook


イトウ先生のTipsnote:目次

【 AfterEffects CC 2019 の新機能:Mocha AE CC プラグイン 】

こんにちは、イマジカデジタルスケープの伊藤和博です。
今週は、AfterEffects CC 2019から新機能で「Mocha AE CC プラグイン」をご紹介します。
AfterEffectsには、従来からスタンドアローンのMocha AEアプリケーションが付属していましたが、CC2019からこのアプリがプラグインに置き換えられ、MochaがAfterEffectsのアプリケーション内で動作するようになりました。
このMocha AE CC プラグインはGPUアクセラレーション対応で、グラフィックカードにも依存しますが従来のMochaと比べてトラッキングスピードが向上し、体感的に非常に高速にトレースできるようになっています。また、Mochaのデフォルトワークスペースにはシンプル化されたEssentialsワークスペースが搭載され、楕円及び長方形のスプラインツールなどの新機能のほか、Mochaから作成したシェイプデータ等をコピーペースト不要でAfterEffectsに反映できるようになりました。
これまでのMochaを使用していた方は、従来の使い方から少々使い方が変わりましたので、その辺りをご紹介していきます。

さっそくやってみよう!

まずは、ビデオレイヤーを選択し、アニメーションメニュー > Track in Mocha、または、エフェクトメニュー > Boris FX Mocha > Mocha AE CCのいずれかを選択します。

Aecc19_Mocha001

エフェクトコントロールパネルにあるMochaのロゴをクリックすると、Mocha AE CC Pluginが起動します。

Aecc19_Mocha003

起動直後は、Essentialsワークスペースが表示されている為、今までのMochaを使っていた方は少々戸惑うかもしれませんが、従来からのパネルレイアウトに変更する場合は、ウインドウ上からclassicを選択すると、おなじみのインターフェイスに戻すことができます。ただし、シェイプデータやトラッキングデータの書き出しは、このプラグインからオペレーションが変わりましたので、これらの書き出し用のボタンは無くなっています。

Aecc19_Mocha005

マット

従来からのマット(シェイプデータの書き出し)は、まず、これまで通りスプラインを描画し、Track Forwardのボタンでトラッキングします。

Aecc19_Mocha007

変更点はここからで、トラッキングが終わった後は一度保存し、このプラグインを終了(閉じるボタンで閉じる)します。

Aecc19_Mocha009

AfterEffectsに戻り、エフェクトコントロールパネルのMatteから、View Matteにチェックするとマット表示、Create AE Masksをクリックするとマスクパスを生成します。つまり、このプラグイン内の必要箇所をクリックするだけで、コピーペースト不要でこれらが適用できるようになりました。

Aecc19_Mocha010

トラッキングデータ

トラッキングデータの作成は、スプラインにサーフェスを適用した後、再度Track Forwardでトラッキングし、保存してこのプラグインを終了し、トラッキングデータを作成します。

Aecc19_Mocha012

AfterEffectsに戻り、トラッキングを適用したいレイヤーを用意しておきます(今回は縦書き文字ツールで入力したテキストレイヤーにします)。

Aecc19_Mocha013

次に、エフェクトコントロールパネルのTracking Dataにある「Create Track Data..」をクリックすると、どのMochaレイヤーからトラッキングデータを作成するかを聞いて来るため、スプラインが含まれている該当レイヤーを選択した後、レイヤー名の左にあるギアのアイコンにチェックを入れてOKをクリックします。この時、レイヤー名を選択しただけでは書き出しませんので、必ずギアのアイコンにチェックを入れてOKをクリックします。

Aecc19_Mocha014

OKすると、ヌルオブジェクトのようなハンドルのみが表示され、このハンドルがトラッキングデータになり、再生するとビデオと一緒に動くようになります。

Aecc19_Mocha015

次に、このトラッキングデータをどのレイヤーに適用するか?を設定するため、「Layer Export To」から、先ほど作成したテキストレイヤーを選択し、適用先を「ソース」、Export Optionを「Corner Pin(Support Motion Blur)」を選択し、Apply Exportをクリックします。

Aecc19_Mocha016

レンダリングしたものが以下のビデオになります。(約5秒。音は鳴りません。)



これまでスタンドアローンのアプリケーションだったMochaもついにプラグインとなりました。使い方が少々変わりましたが、何よりもトラッキングスピードが格段に早くなっているため、Mochaを使っている方はぜひMochaプラグインを使ってみてください。

関連講座

↑ページTOPへ

| カテゴリ | | Web | DTP・デザイン | CG・動画・映像 | キャリア・就活 |
| お客様 Index | | 企業・自治体のお客様に | 学生の方に |
| 目的別・状況別 Index | | Webデザイン入門セミナー | 映像編集入門セミナー | DTPデザイン入門セミナー | 魅力的なポートフォリオ作成 |
| Adobe CCを覚えたい方に | | Photoshop CC 2018の使い方・基本 | Illustrator CC 2018使い方・基本 |
| 画像をきれいに編集する方法 | 読みやすい文字の組み方 |
| HTML / XHTML / CSSの基礎知識 | HTML5 / CSS3の基礎知識 | JavaScriptの基礎知識 | jQuary・jQueryMobileの基礎知識 |
| Dreamweaver CC 2015の使い方・基本 | InDesign CCの使い方・基本 |
| AfterEffects CC 2018の使い方・基本 | AfterEffects CC 2014の使い方・実践 |
| Premiere Pro CC 2018の使い方・基本 |
| Webの基本をマスターしている方 | | 棚橋弘季氏の直伝、ユーザー中心のWebサイト設計 | 益子貴寛氏が伝授するCSS実践テクニック |
| 矢野りんさんに学ぶ、”使える”デザイン基礎知識 | こもり氏のHTML+CSS基礎 | 平塚氏のマーケティング基礎 |
| 坂本氏のIA入門 | Webに関わるすべての人の「Webリテラシー」講座 | 神森勉氏に学ぶコーディング講座 |
| 森川眞行氏に学ぶ、大規模サイトの構築・運用マネジメント |
| 就職・転職・就活中の方へ | | 模擬面接セミナー(個別FB付) | エントリーシートブラッシュアップセミナー |
| 面接・職場で使えるビジネスマナー研修 | 職務経歴書添削セミナー |