イトウ先生のTipsnotePremiere Pro 2021 の新機能:レガシータイトルのアップグレード

イマジカデジタルスケープ 短期集中クリエイティブ講座

イマジカデジタルスケープ・AfterEffects・Photoshop・HTML・CSS・JavaScript・1日トレーニング

Web・動画・映像・ゲーム・DTP・CG・Adobe Creative Cloud・キャリア・就活に

イトウ先生のTipsnote:目次

【Premiere Pro 2021 の新機能:レガシータイトルのアップグレード 】

こんにちは、イマジカデジタルスケープの伊藤和博です。
今回は、Premiere Pro 2021から新機能で「レガシータイトルのアップグレード」をご紹介します。

グラフィッククリップの機能が搭載されるCC2014まで、Premiere Pro上でのテロップ作成は、タイトルメニュー(現グラフィックメニュー)から静止タイトルやロール・クロールタイトル等で作成していましたが、グラフィッククリップの機能搭載に合わせて、タイトルメニューはグラフィックメニューに刷新され、従来のタイトル機能はレガシータイトルとして、ファイルメニュー > 新規の中に格納されました。
今回ご紹介する新機能は、レガシータイトルとして作成したものを、グラフィッククリップに変更する、という機能になります。この機能の搭載により、過去にタイトルの機能で作成したテロップ等を、グラフィッククリップのデータに変換することが可能になりました。

ただし、過去全てのタイトルをグラフィッククリップに変換できる、というわけでは無いようですので、今回のブログではその変換の仕方と、変換できない部分等を合わせてご紹介していきます。

さっそくやってみよう!

以前からPremiere Proを使っていた方で、従来のタイトルメニューから作成した静止タイトルの方が使いやすい、という方も多いかと思います。ただし、以前のブログイトウ先生のTips note 【Premiere Pro 2021】テキストグラデーションでもご紹介致しました通り、レガシータイトルの機能は将来的に廃止を予定している機能になりますので、新しいグラフィッククリップでの作成に切り替える必要があります。

一応、レガシータイトルの作成方法をおさらいしておきますが、レガシータイトルそのものの作成は、ファイルメニュー > 新規 > レガシータイトル、から作成します。

レガシーテキストの作成

タイトルパネル内で直接文字を入力し、塗りやストローク(線)、カーニングやトラッキングなどを設定し、このタイトルパネルをただ閉じると、プロジェクトパネルに静止タイトルの画像が作成される、また、ロール・クロールタイトルも、タイトルパネル内のロール・クロールオプションから、ロールする方向等を設定すると、プロジェクトパネルにロール用の動画タイトルが作成される、というものでした。

タイトルパネル

レガシータイトルをアップグレードする場合は、このプロジェクトパネルに作成されたタイトルのファイルを選択した状態で、グラフィックメニュー > レガシータイトルのアップグレード、を選択します。すると、レガシーのタイトルファイルはそのまま残した状態で、新たにアップグレードしたソースグラフィック(マスターグラフィック)のファイルをプロジェクトパネル内に作成します。

タイトルファイル

なお、予めレガシータイトルをタイムラインに配置し、レガシータイトルのクリップがあった場合は、アップグレードすると同時にタイムラインパネル上のクリップも、グラフィッククリップに自動的に更新されます。

クリップも自動更新

変換される属性

レガシータイトルをグラフィッククリップに変換した際、変換されるのは以下の属性になります。

  • テキストのグリフ
  • 塗りつぶしの色と表示
  • フォント
  • フォントサイズ
  • フォントスタイル
  • ストローク(外側)
  • 下線
  • カーニング
  • ベースラインシフト
  • スモールキャップス
  • 位置と配置
  • MENA(中東と北アフリカ地域言語)とインド語
  • ヒンディー数字
  • 行間
  • モーションおよびモーションキーフレーム
  • 不透明度と不透明度のキーフレーム
  • エフェクトとエフェクトキーフレーム

なお、以下は変換されることはされますが、変換した後にレガシーテキストとのそれとは若干違って見えます。

  • テキスト境界(バウンディングボックス)の位置
  • シャドウ(異なる文字の異なるシャドウは、最初の文字のシャドウがテキスト全体に適用)
  • 線形・円形グラデーション(異なる文字の異なるグラデーションは、最初の文字のグラデーションがテキスト全体に適用)
  • 縦書きテキスト
  • 光沢
  • キャップサイズ(常に75%(デフォルト値)に変換)
  • 高さ調整スケール
  • 使用するフォントサイズが異なる場合の複数行の配置

上記は微妙な変化の場合もあるため、見落とす可能性もありますが、レガシーテキストと変換後のグラフィッククリップとの比較は、以下の「変換前と変換後の比較の仕方」の箇所でご確認ください。

変換されない属性

変換されない属性は以下の通りです。ロール・クロールは変換されないため、新たにキーフレームで作成し直す必要があります。またシェイプも変換されないため、ざぶとん等と一緒に作り込んでいた場合は、これらも新たに作り直す必要があります。

  • ロール
  • クロール
  • 傾き
  • ストローク(内側)
  • テクスチャ
  • 背景
  • ディストーション
  • 回転
  • シェイプ
  • 右から左のテキスト
  • トラックラベルの色
  • トラッキング
  • タブ幅(タブストップ)
  • ベタ塗り、線形・円形グラデーション以外の塗りつぶしタイプ(4色グラデーション等)

変換前と変換後の比較の仕方

実際に変換した後、完全一致で変換できたかどうかを確認する場合ですが、変換後も元のレガシータイトルはプロジェクトパネル内に残るため、変換前のレガシーテキストをタイムラインの任意の箇所に配置し、プログラムモニターを比較表示にした状態で、変換前と変換後を確認するといいでしょう。

変換前と変換後を確認

レガシータイトルでのシェイプは引き継げないため、ざぶとんは、変換後のグラフィッククリップに新たに長方形ツールや楕円ツールなどで作画する必要があります。
レガシータイトルでのシェイプは、タイトルパネル内で使用できる三角形ツールや円弧ツール、斜角長方形ツールなどもあったため、特殊な形状のシェイプも作成可能でした。ただ、ツールパネル内にこれらのツールは無いものの、2020から長方形や楕円ツールで描いたシェイプのアンカーポイント操作が可能になりましたので、特殊形状のオブジェクトもPremiere Proのみで作成可能になっています。詳しくはイトウ先生のTips note【Premiere Pro 2020】アンカーポイント操作も参照してみてください。

遅かれ早かれ、レガシータイトルでのタイトル作成はグラフィッククリップでの作成に更新していく必要がありますので、レガシータイトルを使っていらっしゃる方はぜひ今回のバージョンからチャレンジしてみてください。

関連講座

↑ページTOPへ

| カテゴリ | | Web | DTP・デザイン | CG・動画・映像 | キャリア・就活 |
| お客様 Index | | 企業・自治体のお客様に | 学生の方に |
| 目的別・状況別 Index | | Webデザイン入門セミナー | 映像編集入門セミナー | DTPデザイン入門セミナー | 魅力的なポートフォリオ作成 |
| Adobe CCを覚えたい方に | | Photoshop 2020の使い方・基本 | Illustrator 2020の使い方・基本 |
| Photoshop 2020の使い方・画像補正編 | 読みやすい文字の組み方 |
| HTML / XHTML / CSSの基礎知識 | HTML5 / CSS3の基礎知識 | JavaScriptの基礎知識 | jQuary・jQueryMobileの基礎知識 |
| Dreamweaver CC 2015の使い方・基本 | InDesign CCの使い方・基本 |
| AfterEffects 2020の使い方・基本 | AfterEffects 2020の使い方・実践1 |
| Premiere Pro 2020の使い方・基本 |
| 就職・転職・就活中の方へ | | 模擬面接セミナー(個別FB付) | エントリーシートブラッシュアップセミナー |
| 面接・職場で使えるビジネスマナー研修 | 職務経歴書添削セミナー |